『デザイン入門教室』を読みました

デザイン

『デザイン入門教室』というデザイン書籍を読んだ感想です。

とても分かりやすい本です

デザインは初めて触れるという私でも、デザインを幅広い範囲で、分かりやすい言葉で説明されているtため大変勉強になりました。一冊買えばずっと使えそうなほど内容が濃いです。

デザインでよく使われる、初めて耳にする言葉も丁寧な解説が入っているのが初心者にとってとても良いです。

ちなみに、私がこの本を読み始めて最初に興味をもったのはジャンプ率という言葉でした。初めて聞く言葉でしたが、こちらの本の丁寧な解説なおかげで理解できました。

デザインで使われる言葉を知っておくことで、他のデザイン書籍を読むときも内容がスラスラと頭に入ります。私のように初めてデザインに触れるという方の最初の1冊として、この本から勉強を始めるのがオススメです。

本を読んだ後のデザインに対する考え方が変わった

本を読むまでは、デザインはオシャレで、カッコイイものを作り出すことと思い込んでいました。

本を読んだ後は、私の中でデザインは相手に情報を分かりやすく伝え、伝えたい情報の付加価値を高めることができるものだと解釈するようになりました。

この考え方は、本で取り扱われていた「デザインを始める前に」、「インフォグラフィック」という章を読んでから強まりました。

インフォグラフィックの章では、デザインでいかに情報を分かりやすく伝えるか、に焦点を置いてグラフやチャートの工夫などの様々なパターンの解説があります。デザインを工夫することで情報を受け取る側は混乱せずに、スッと内容が入ってくるということが分かりました。

今後デザインを勉強するときには、このデザインを見た人は、伝えたい情報がちゃんと伝わるかを重要視していこうと考えるようになりました。

感想は以上です。今後もこの素敵な本と共にデザインを学んでいきたいと思います。興味がある方は是非読んでみてください。