デジタルでの作画に慣れてみよう

イラスト

これからデジタルイラストを始める方へ向けての記事です。ペイントソフトを実際に使いながらゆっくり慣れていきましょう。

下描き~ペン入れまでをアナログ、塗りをデジタルで行う

初めてペイントソフトやアプリなどのデジタルでのお絵かきに触れる方は、線画の作画までをアナログで行い、塗りをデジタルで行うとスムーズにデジタルに慣れることができると思います。(以下、ペイントソフトやアプリのことをソフトと省略し記述します)

具体的には、アナログで作画した線画をスキャナーやスマホのカメラアプリ等でソフトに取り込み、そのままデジタルで塗るという方法です。まずはソフトに慣れることから初めてみてください。一度にすべての機能を覚えなくて大丈夫です。よく使う機能から、焦らずゆっくり慣れていきましょう。

デジタルで線画を描いてみる

ソフトの使い方に慣れてきたら、線画・塗り共にソフトで行うイラスト制作にも挑戦してみてはいかがでしょうか。

デジタルでのイラスト制作を始めたての方は、線画は鉛筆ツールのような線が柔らかく見えるツールで描くのがおすすめです。 イラストソフトによってはかなり鉛筆に近い感覚で絵を描けると思います。

デジタルの線の見た目、描き心地に慣れてきたら次第にGペンや丸ペンといった線が硬く見える種類のペンで描くのにチャレンジしてみるのが良いと思います。いろいろなペンを使ってみて、好みの線を見つけてみてください。

私の場合、デジタルイラストを始めたてのとき、入り抜きのある線画が難しいと感じていました。鉛筆ツールのような柔らかく見えるツールを使用することで、強弱を気にせずデジタルイラストの線の見え方に慣れるということを大切にしていました。

最後に

今回はデジタルでのお絵かきに慣れていく手順を紹介しました。特にデジタルで線画を引く作業では、慣れが必要です。焦らずゆっくりと、まずはデジタルでの作画を楽しんでみてください。