絵の描き方研究中

イラスト

今回はいろいろ試してみた結果の最近の絵の描き方に関してです。

線画にかける時間を短縮

これまで線画に時間をかけすぎてしまうことが多くあったため、いかに線画にかける時間を減らすかを考え、いろいろ試してみました。
結果、下書きの線をそのまま線画に利用するという結果になりました。

キャラクターイラストでは、顔まわりや髪の毛、服の装飾などの細かい部分はだいたい修正をしています。

描く手順の変更

描く手順も変更しました。
これまでは
ラフ→グレーでシルエットを塗りながら線画の下書き→線画→色分け・細かい線画修正→塗り→加工
の手順だったものを

最近は、
ラフ→線画下書き(そのまま線画として使用します)→キャラ全体の影をざっくりグレーで塗る→色置き(ここで乗算、オーバーレイなどの効果も使用していきます)→塗りレイヤーを統合→スポイトで色を取得しながら塗り→線画として使っている下書きの気になった部分の修正→加工

という手順になりました。
以前よりは絵を描く時間がスピードアップしたと思います。
(文章だけだと少しわかりにくいですね…すみません)

一番の変化は塗りのレイヤーを統合しての塗りだと思います。何かしらあったときに備えてリカバリーできるように統合前のレイヤーを念のため残しています。

ソフトの併用

ツールも得意なものはそれぞれ違うのでそれぞれのメリットをうまく利用して併用していくのも楽しいと気づきました。
現在クリスタとフォトショを併用して描いていますが、
それぞれのソフトに好きな部分があり、両方を併用することでお互いのメリットを掛け合わせて絵をつくっている感じです。

どちらもpsdで保存できるのでクリスタ・フォトショ間で行ったり来たりできるのがいいところです。

ポップな感じのイラストであれば、さらにイラレで背景の一部のイラストを作ったりもします。

自分の欠点として一枚にかける時間が長くなり描きたいときに描きたい絵が描けないことがあったので時間短縮で絵を描く楽しさが戻ってきています。
自分なりに試行錯誤していくのは楽しいです。まったりと、頑張っていきたいです。

前回のこちらの記事の続きでした。